不動産担保ローンを申請したら、どんな審査があるのか?

生計家族にお金を借りることができればいいのですが、できない場合があります。

借り入れ金額が大きくなれば不動産担保ローンを利用するといいでしょう。

抵当権を設定できる不動産があれば金利も有利ですし、返済期間も長く有利な契約になります。

今回は【不動産担保ローンを申請したら、どんな審査があるのか?】についてお話します。

□最初に銀行やノンバンクなどの金融機関が見るのは、返済能力があるかどうかです。

つまりは信用力です。

借り入れをしたお金を定期的に返済できるだけの収入があるかを判断し審査します。

もしも返済できない場合には担保の不動産で、お金を補充できるかどうかも審査基準になります。

□次に連帯保証人です。

こちらの方も返済能力・信用力を審査します。

土地や建物などの不動産も価値が変化します。

経済状態によって変動しますから銀行やノンバンクなどの金融機関も官報に掲載されている公示価格をベースにして担保価値を計算します。

□審査に必要な書類に記載する事項にはどういったものがあるのでしょうか?

利用する人の現住所・氏名・年齢・職業・年収・担保で抵当権を設定する不動産の概要・連帯保証人などです。

そして本人確認書類も必要です。

銀行やノンバンクなどの金融機関によって違いがあります。

実際に契約する前には金利などが気になりますが必要書類が揃うかどうかも確認しておきたいです。

インターネットで色々な情報があります。

無料で借入条件などを相談することもできますから利用してみるといいでしょう。