土地建物を担保にする不動産担保ローン以外の資金調達方法

個人事業主や法人が借り入れをしたい場合には不動産担保ローンが有利です。

それ以外にも色々な資金調達方法があります。

今回は【不動産担保ローン以外の資金調達方法】についてまとめておきましょう。

□カードローン

銀行やノンバンク・消費者金融などの金融機関から無担保で借り入れができます。

個人向けのローン商品で最近はインターネットでも手続きができます。

実際に利用する場合にカードを作る手続きが必要です。

だからカードローンと言われます。

利用限度額の範囲ならば何度でもATMを使って借り入れできます。

キャッシングよりも大口融資が可能です。

リボルビング払い(リボ払い)で返済するのが一般的です。

ですが、借りすぎには注意しましょう。

リボ払いもデメリットがありますので、計画的にお金を借りることを第一に考えましょう。

*注目ニュース:「リボ地獄を語りましょう」と呼びかける投稿にツッコミ殺到 「親に84万返し終わってから語りましょう」

□ビジネスローン

事業者向けに銀行やノンバンクなどの金融機関が提供しているローン商品です。

基本的に無担保で第三者保証も不要です融資実行されるまでの期間が短いです。

手軽に利用できます。

個人向けのローンとは違い総量規制の対象外になります。

個人事業主でもたくさんの資金調達ができます。

無担保ですから金利は高いです。

返済期間も短いので毎月の負担が大きくなります。

□手形貸付

信用取引の一つです。

振り出した自社の手形を担保にして銀行やノンバンクなどの金融機関から融資を受けます。

自社振り出しですから、手続きが簡単。

審査も通り安いです。

ですが手形金額に相当する金額しか融資出来ません。

短期間のつなぎ融資の調達に利用される場合に多いです。

□いかがでしたでしょうか?

不動産担保ローンと比較した場合に、担保のありなしが大きく違います。

不動産担保ローンは金利も安く融資額も多いです。

返済期間も最長20年と長期なので返済も負担になりません。

担保になる不動産があれば断トツに有利です。